車を売るときはコツをつかむと高く売れる。

車を手放す理由は様々、新車への買い替えやお気に入りの中古車が見つかった、あまり車を使わなくなったからなど。
そこで、絶対にしなければいけない車を売ると行為。
でも、売り方を知っている人と全く知らない人では、同じ車を手放したとしても10万円や20万円は簡単に買取ってもらう金額が違ってしまいます。
どうせなら、車を売る時のコツを覚えて少しでも高く売却しましょう!

車を売る時は買取か下取りどちらか決める!

車を売る時は買取か下取りを決める

車にもう乗らないからと売る方は、買取で売却すると思いますが、新車や中古車への乗り換えの場合、買取と下取りどちらを選んで売却するのが良いのか悩むところです。
どちらにもメリットとデメリットがあり、車種や年式・走行距離によっても違いがでるのでしっかりと検討しなければいけません。
下取りは、購入するディーラーや販売店へ引き取ってもらう為、面倒な手続きがほとんどなく新車の納車時に今乗っている車を引き渡せるので便利です。
しかし、下取りですと買取よりも査定価格が低いケースが多く、金額面だけを考えるとあまりオススメ出来ません。
下取りは、中古車として販売した時に、どの程度の金額で売れるかで車を引き取ると言うわけではなく新車を販売するために車を引き取るので、値引きなのか下取りの金額なのかがハッキリしません。
買取の場合、利用するには、業者を探し、車の査定をしてもらわないといけません。
面倒でも、高く売りたいを思う方には買取で車を売る事をオススメします。
この面倒な作業も今は、インターネットで簡単に複数の買取業者を探すことが出来ます。
買取の場合、購入するディーラーや販売店と違い、引き取った車を中古車として販売したりオークションへ出品し売却する業者が車を引き取るので車の純粋な価値を査定します。
買取業者は、引き取った車を売却するルートも複数もっていることが多い為、売れる車なら下取りよりも高い金額を提示できるのです。

良い買取業者を見つけるコツ

良い買取業者を見つけるコツ

車を一番高い金額で買い取ってくれる業者が良い買取業者だと思います。
いくら親切丁寧でも買取価格に10万円も差あれば、やっぱり高い金額を提示してくれる業者へ売りたくなります。
ネットで買取業者が簡単に見つけられる時代なので、どこ買取業者も当然、丁寧に対応してくれます。
買取業者は、それぞれ得意な車種や車のタイプがあり、中古車販売系の買取業者なら、あまり年式が古くなく走行距離も少ない程度のいい車を好みます。
中古車オークションへ出品する買取業者も同じような傾向ですが、オークション市場での人気車種などにも精通しているので古くても需要が有る車種は高く買い取ってくれるケースもあります。
また、下取りで査定がゼロと言われ、中古車販売系の買取業者でもほとんど値段が付かないと言われてしまった車でも、海外への輸出をメインに買取をしている業者や廃車専門に買取している業者なら買い取ってくれるケースも多くあります。
買取査定サイトで、自分の車に合う業者を見つけるのは難しくありませんので、何社か選んで査定してもらいましょう。

査定前にやることとやらないこと

車の査定を受けるまでに、ちょっとでもきれいにして、高く買い取ってもらおうと思う事があると思います。
査定の評価に繋がることなら、何でもしておきたいですが、お金を掛けてまでしなくてもいい事が有ります。

洗車は絶対にしておく

車を査定するのに、大事に乗っているかがわかるバロメーターは洗車です。
洗車もしてない汚い車と、キズやへこみがあったとしてもきれいに洗車してある車では、査定する側から見れば、洗車してキレイな車の方が愛着が感じられ多少はチェックもゆるくなるのです。
また、ドアノブや鍵穴などの細かい傷は、コンパウンドやワックスで落ちるケースもありますので、ついでに磨いておきましょう。

キズ、ヘコミは直さない

査定を受ける前に、目立つキズやヘコミは修理したほうがいいのか悩むところです。
ですが、キズやへこみの修理は板金や塗装などを行う為、修理費用が予想以上に掛かります。
キレイに修理しても、修理にかかった費用より査定金額が上がることはほぼありません。
現状のまま、査定を受けた方が余計な出費も抑えられます。

社外パーツは純正に戻しておく

査定で評価されるポイントとして、車に純正オプションが多く付いていることです。
逆に、社外パーツが付けられている場合、マイナス査定になりかねません。
特に、車にあまり興味がないユーザーがよく乗る車種などの場合、買取価格が下がります。
純正パーツが有る場合、戻してから買取査定を受けましょう。

査定価格が決まったら、早めの回答で高額買取を実現

複数の買取業者に査定を受ける際は、同日に時間をずらして依頼しましょう。
業者が金額を提示し、即答を求められても結論は出さず、全ての業者の金額を把握してください。
しかし、中古車市場は、価格の変動が激しく、中古車として販売する価格を見越しての買取価格なので、中古車の価格相場が変われば当然、買取価格も変わってしまいます。
提示された金額で引き取りしてくれるリミットを査定してもらったすべてに業者へ確認し、納得のいく金額提示の業者が有れば期限内に回答しましょう。

車を売るのにオススメの時期

車を売るのにオススメの時期はいつか

車を高く売るには、時期や季節を選ぶのも大切です。
車の買取価格は、中古車市場と連動して変動しています。
中古車がよく売れる時期の少し前は、買取業者が在庫を多く仕入れる為、積極的に買取を行うので、車を売る側としてはいい時期です。
年に数回ある車を売るのにオススメな時期。
中古車や新車問わず1年と通じてもっとも売れる時期が、2月の後半から3月です。
3月は、車を販売する様々な業者の決算の月でもありますし、4月からの新生活へ備えて車を買い替えるユーザーも多い為、販売側は1台でも多く売るための販促に力を入れます。
中古車販売店の場合、人気車種を中心に1月から2月の上旬ぐらいまでに在庫となる車を、買取やオークションがら探して仕入れるのです。
ですので、1年で一番の売り時は、1月~2月上旬までとなります。
他にも、年2回のボーナスシーズンや、ゴールデンウィーク・シルバーウィーク前なども買取を積極的に行います。

車を売る時の注意ポイント

買取業者が出張して実際の車を査定するまでに確認しておくポイントがいくつかあります。
また、査定当日は、買取業者のペースではなく自分のペースで査定を行ってもらいましょう。

車検までの期間や自賠責保険の期間は把握しておく

自動車税の納税証明書を含め重要書類をチェックする

買取査定は複数の買取業者へ依頼する

査定価格に税金の還付金が含まれるかを確認する

どんなに高額査定でも即答は避ける

古い車でも買取する業者は必ずあるので諦めない

車検や自賠責保険の残存期間をチェックしておく

買取査定の場合、車検と自賠責保険は長い期間残っているとプラス査定になり、逆に短いとマイナス査定となってしまいます。
車検は、4ヵ月以上残っていればプラス査定で自賠責は3ヵ月以上でプラス査定となります。
車検が3ヵ月しか残っていない場合は、マイナス査定となってしまいますが、車検を取り直してから車を売ったとしても車検代以上のプラス査定にはなりません。
この場合、車検はそのままで査定してもらったほうが余分なお金もかからずに売却出来ます。

車に関する書類は全部そろっているかチェックする

車検証などの書類に不備があると、最悪の場合、売却できませんのでしっかりと確認しましょう。
絶対に必要な車検証、自賠責保険証明書、自動車税の納税証明書をまずチェックしてください。
そして、車の保証書や取扱説明書と定期点検整備記録簿があれば、車がいつ何キロでどのようにメンテナンスしたかが解かり高評価に繋がります。

出来るだけ多くの買取業者に査定してもらう

現車を確認し査定してもらう場合、出張査定で指定の場所に来てもらうことが多いですが、なるべく1日で5社ぐらいに査定してもらいましょう。
同日のほうが天気はもちろんですが、とても重要な中古車の価格相場が同じなので、どの業者の提示金額が妥当なのかがハッキリとします。
ここで、車を本当に買取たいのか、安い提示で買取できればぐらいの気持ちなのかが解かります。
この時点で提示価格が上位3社ぐらいまで以外は、次の交渉を断ってもよいでしょう。

査定額に税金分が含まれているのか確認する

車の税金で還付されるのが、4月1日時点の所有者へ課税される年1回支払いの自動車税です。
売却した時期により月割りで残存期間が還付の対象となります。
買取査定価格に、この自動車税の残存期間の還付金が含まれているのかを、きっちりと業者ごとに確認しましょう。
この自動車税の還付金が含まれた金額の場合、実際の査定金額はもう少し低くなりますのでご注意ください。
また、年度末の3月に売却した場合、所有者変更されないまま4月1日になると翌年度分の自動車税も支払う義務が発生します。
買取業者にどういう対応となるのか、確認してから売却しましょう。

金額提示されても、その場での即答はしない

買取業者が出張査定する場合、必ず金額提示に納得すれば即答を欲しがりますが、そこで即答はしないでください。
同日に複数業者の査定を受ける訳ですが、ここでやっと車の大体の価格相場が解かってくるので、いくら高額提示されても、一呼吸おきましょう。
そして、買取業者の担当者から貰う名刺の裏に提示された金額を書き込んでおきましょう。
提示された金額で買取してくれる期限は、業者により違いが有りますが、明日ではダメと言うところはその場で断っていいと思います。
車が無いと困る場合など、引き渡しの時期などをしっかりと対応してくれるかなど、後日じっくりを質問し話を詰めてから、回答してください。

低年式車や過走行車は買取業者を慎重に選ぶ。

古い車でも買取してくれる

走行距離が10万キロを超えている過走行車や新車登録から7年以上経過している低年式車は下取り査定であればゼロに近い金額が提示される車両です。
買取の場合でも、業者によっては査定ゼロのところもあるでしょう。
このような車の場合、買取業者をきちんと選ぶことにによって、値段をつけて買取してくれます。
国内で中古車として販売する場合、新車の近ければ近いほど人気があり低年式車や過走行車はあまり人気が有りません。
ですが、輸出専門に車を買取している業者の場合、それほど年式や走行距離などにこだわらず、国産車なら輸出先でも人気あるので買取に積極的です。
また、廃車の近い車でも、不動車や事故車でも買取してくれる業者があり、このような車両でも買取なら車を売るのに全く金額が出ないという時代ではありませんので諦めずに査定依頼をしてみましょう。

おすすめ車買取一括査定サイト

カービュー

カービュー 無料一括査定

簡単入力で最大8社が車を査定!
完全無料の出張査定で高額買取。

全国の買取業者212社以上が参加するカービュー中古車一括車買取・車査定は、390万人以上の査定実績。
車の買取条件に合った買取業者を最大8社まで紹介、無料の出張買取査定が受けられます。

楽天・中古車買取査定市場

楽天・中古車買取査定市場

楽天スーパーポイントが買取査定でもらえる!
査定から買取まで全て無料です。

買取査定市場で一括査定を受けると楽天スーパーポイントが5ポイント、更に査定後に売却で1,500ポイント貰えます。
全国の買取業者が参加しているので、場所を選ばずに無料で出張査定が受けられます。

ズバット車買取比較

【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼

高額買取の無料査定が最大10社まで受けられる!
全国の190社以上が参加する大型一括査定サイト。

ズバット車買取比較には、地域密着型から全国展開の買取業者まで190社以上が参加。
最大10社まで、利用ユーザーの指定場所で無料査定が受けられます。

車種別ピックアップ買取査定相場

ホンダ ステップワゴン

年式:H19/ 走行距離:82,000km/ ボディカラー:-/ 査定時期:H28/3

買取査定平均価格:380,000円

トヨタ ヴィッツ

年式:H18/ 走行距離:84,000km/ ボディカラー:青/ 査定時期:H28/3

買取査定平均価格:120,000円

おすすめ情報サイト

軽自動車からミニバンまで無料買取査定で高く売る

中古車が多い軽自動車やミニバンでも高額査定で売却するコツをガイド。

買取査定で車をディーラー下取りより高い価格で売る方法

愛車を高く買取してもらうためのポイントや下取りのカラクリを解説。

下取り査定が安い中古車を買取で高く売る

高い査定額で売れる車や査定額はどう評価して決まるのかを紹介します。

買取査定に有利な車と高く売れない車の違い

マイナス査定になりやすい車の特徴や高く売るのに有利な車を紹介。

▲トップへ戻る